天草陶石と上田家の歴史

 天草陶石が発見されたのは、かなり古く元禄年間に旧高浜村皿山及び旧下津深江村で採掘されていたと伝えられていますが、定かではありません。正徳2(1712)年頃、肥前の製陶業者に天草陶石を供給したのが、製陶原料として使用した始めとされています。明和8(1771)年には平賀源内が長崎奉行に提出した『陶器工夫書』で「天下無双の上品」と賞賛しました。

高浜焼の元祖

 上田家代々の累記を見ると、高浜村上田家の祖、第3代伝右衛門が享保13(1728)年に採掘し享保15年に中止しています。その後第5代勘右衛門達賢が宝暦4(1754)年に採掘を再開しており、当時は砥石または硯石として出荷されていました。第6代目伝五右衛門武弼は、天草陶石が陶磁器原料として最も優良であること聞き、肥前長与の陶工山道喜右衛門を招き、宝暦12(1762)年に高浜村鷹の巣山で焼物を焼き始めました。これが高浜焼の元祖とわれています。

新しい産業へ

 元来、天草はいたるところの山岳が起伏して平野に乏しく、田畑が少なかったため、村民は農耕をすることにも非常に困難でした。伝五右衛門武弼は深くこれを憂い、土地の民に新しい産業を与えようと種々研究し、陶石を利用することを考え、多大の経費をかけましたが利益は出ませんでした。そこでしばしば陶業を止めようとしましたが、土地の民が失業し、生活が困窮することを考えるとどうしても廃業できませんでした。欠損を省みずに事業を継続して、ついに鷹の巣山一郷数百人の生業とすることができたのです。

良質な天草陶石の採掘
第7代上田源太夫宜珍の肖像画

陶業確立の由来

 上田家代々の中の傑出者の一人、第7代上田源太夫宜珍は、父伝五右衛門武弼より陶業を受継ぎましたが、その経営は困難を極めていました。しかし、この盛衰は高浜村民の死活問題であり、村民に生活の糧を与えようとするものでした。年寄りや幼い者も絵薬を摺り、絵を描き、縄を編むなどの仕事をし、農民も農閑期には燃料の松を伐採し、陶石を採掘し、生計を立てることができました。陶業の経営は厳しいながらも、高浜村および近辺の村民を本当に救う慈恵の事業を継続し経営に当たろうと決心した由来です。

陶業の繁栄と高浜焼の最盛期

 宜珍は、家財を投げ打つことが多いにも拘らず、励みに励んで苦心惨たんし、高浜村や近辺の村民の生活を支える島の産業としたいと図ったのです。その努力が実り皿山鷹の巣山地区に数百人が生業を成し、染付錦手(赤・青緑・紫・金)も焼かれるようになりました。安永6(1777)年には、長崎奉行柘植長門守の勧めにより、五島に居留していたオランダ人と貿易をしていました。この頃、瀬戸の磁祖である加藤民吉に錦手の秘法を伝授しています。その後、平戸三河内や肥前の亀山より陶工を招き、細密な山水や人物など精巧な染付の作品が焼かれました。こうして国内向けの焼物の製造に力を入れ、高浜焼の最盛期を迎えることとなりました。その後、明治中期まで受け継がれ、昭和27年に再興され現在まで焼き継がれています。

上田家と天草陶石

 天草陶石の採掘は代々上田家の事業として、江戸〜明治中期を経てその間陶石脈の探査開発を行い、明治45(1912)年高浜皿山に馬車軌道並びに自転巻軌道を施設し、本格的な量産体制に入りました。大正11(1922)年3月に合資会社上田商店を創始したその後、合名会社上田商店と改称し、昭和23(1948)年5月さらに組織を変更して上田陶石合資会社としました。

上田家の歩み

万治1(1658)年 第2代勘右衛門定正第一代高浜村庄屋を命じられる。
正徳2(1712)年頃 佐賀県嬉野市吉田の製陶業者に天草陶石を供給。
宝暦4(1754)年 第5代勘右門達賢砥石山の採掘を始める。
宝暦12(1762)年 第6代伝右門武弼高浜皿山(鷹の巣)で焼物を始める。
明和8(1771)年 平賀源内「陶器工夫書」の中で天草陶石を称賛する。
安永7(1778)年 長崎出島で高浜焼の販売を始める。
文化4(1804)年 第7代源太夫宜珍瀬戸の陶工加藤民吉に高浜焼の技法を授ける。
文化7(1807)年 伊能忠敬一行天草測量を開始する。第7代源太夫宜珍世話役を任される。
文化12(1815)年 上田家庄屋屋敷建築。
明治22(1889)年 第12代上田松彦陶窯経営を断念し陶石採掘に専念する。
大正1(1912)年 陶石運搬馬車軌道・索道開通。
大正11(1922)年 3月、合資会社 上田商店を創始。
昭和23(1948)年 5月、上田陶石合資会社と改称。
昭和27(1952)年 高浜焼を再開する。
昭和47(1972)年 8月、天草陶石中の鉄分を塩酸を用いて脱鉄する脱鉄工場を新設し、その後昭和53年9月、57年4月に増設。
昭和53(1978)年 1月、陶土工場を新設し昭和59年5月に増設。
昭和63(1988)年 1月、焼物工場を改築。
平成7(1995)年 10月、展示即売所完成。
平成9(1997)年 10月、上田資料館完成。
歴史の写真01歴史の写真03歴史の写真02